2017年6月7日水曜日

まさに天空のビーチ! 山梨県北杜市・日向山へ

山に登って絶景を拝みたい。

いつもそんなことばかり考えている。

3000m級の山にでも登ればきっとすんごい景色が待っているに違いない。

しかし、ちび連れゆえもう少し楽に登れて、さらに絶景を望む山。。。

そんな山あるかー!と思っていたら、ありました!

それは、山梨県は北杜市にある標高1660mの日向山(ひなたやま)。

なんと「日本百名山」ならぬ、
「山梨百名山」!


インターネットで調べると「ファミリー向け」と紹介されているサイトもあり、我が家も勇んで行ってみたわけでございます。

今回は矢立石登山口と山頂のピストン(往復)。
登山口からの写真をすっかり撮り忘れてしまったのだけど、子どもでも登りやすい程よい傾斜の登山道が続く。
少し単調といえば単調だけど、登りやすさは太鼓判!

途中、出会ったおじさん2人組に「山頂では感動が待ってるぞー」と励まされ、登ること2時間弱。
突然その時はやってくる。





 真正面には八ヶ岳がドーンと構える


樹林帯を抜けて、いきなりパッと視界が開けたかと思うと、真っ白な世界が飛び込む。
まるでビーチに降り立ったかのような感覚。
あまりの絶景にちびちゃん達も大興奮!

この真っ白なものの正体は、花崗岩が風化したことによってできた白い砂だそうで、日向山は“マウンテンビーチ”などとも呼ばれる。

ほかにも絶景をおすそ分け❤

奥に見えるのは南アルプス・甲斐駒ケ岳




行ってみたくなりませんか?

ちょうどこの日はスッキリ晴れていたので、八ヶ岳や南アルプス・甲斐駒ヶ岳を大パノラマで楽しむこともできて、雄大な景色にうっとり。

一度登ったら何度でも登りたくなる、クセになるお山でした!


ただ1点ご注意を!
マイカーで矢立石登山口まで行くのなら、ものすごく早く行くか、逆に第一陣が下山する頃を狙うかがいいかと。
登山口周辺は道幅がかなり狭く、その車道沿いに駐車スペースがあるわけですが、車が置けるのは最大でも20台ほど。
できれば朝イチで向かうのがおすすめです。

あと、お山に登る際はくれぐれも時間に余裕をもってお出掛けくださいね。
(ちなみに、我が家は6歳娘も一緒に歩いて、登り2時間弱、下り1時間30分ぐらいの時間がかかりました~)


(teamまめ/香取 麻衣子)





2017年5月9日火曜日

鳥野目河川公園でBBQ!

新緑のこの時期、外でバーベキューするのが楽しい季節になりました♪

そこでゴールデンウィークに友人家族とやってきたのが、
鳥野目河川公園オートキャンプ場

           那珂川が流れるすぐそばにあるオートキャンプ場で、フリーテントサイトやコテージもあります^^    
今回は、屋根付きのバーベキュー場を1時間1000円、3時間でお願いしました。ちなみに16人まで同じ施設を使えます。
管理室にて大きな鉄板を貸してくれます
これを囲炉裏にセット

              椅子も8人分くらいなら備え付きなのもありがたいです。


          敷地内には小さな小川が流れていて、遊具などないのですが、
子どもがのんびり遊べる感じです。

           道の反対側には那珂川が悠々と流れています
          
バドミントンをしたり、小川で葉っぱ流し競争したり。。。

           さてさて、炭に火がついたようなので、焼くとします^^
今回は手前にあるガスバーナーを使用したので、火付けにもあまり苦労しなくてすみました。着火剤をいつも使っていたのですが、それより早い。
 
          まずは野菜から。炊事場もあるのですが、時間短縮のため
家で切って持参。ご飯もおにぎりにしたものを用意。焼きおにぎりにしてもおいしいしね~                
            
            炊事場はこんな感じで。トイレもすぐ脇に水洗トイレがあります。
            
友人たちとBBQをすると、ふだん我が家が食べているものと
違うものが食べられるという発見があり。
焼き鳥とか、エビとか。
ワイワイやっていたら、予定の3時間もあっという間! 時間が足りず、焼きそばを飛ばして、子どもたちお待ちかねのデザートの
巨大マシュマロ焼きへ。ドン・キホーテで直径5㎝はある巨大なマシュマロを手に入れてきたのです。
しかし、食べるのに夢中で写真を撮るの忘れた><
こんがり焼きあがったマシュマロをクラッカーでサンド。中にチョコを入れたりして、これまたとっても美味でした!! 大きいから食べごたえ抜群ですわ

 
黒磯の街中からほど近くて、いざとなったらドン・キホーテに追加で材料を買いにいくこともできたりするところが気に入っております。那須高原よりも穴場かもしれないですね。楽しかったなぁ~ そうそう、たまにぶよがいるので、虫よけ対策もぬかりないほうがいいですね

                          (teamまめ/前田真紀) 

2017年4月27日木曜日

宮城・南三陸のココロオドル春

今年で5回目を迎えた、春恒例の南三陸詣で。
今年はあちらこちらで楽しい変化が起こっていた!

まず向かったのは、『戸倉漁師の会 感謝祭

こちら、毎月第2日曜の9時〜14時(売り切れ次第終了)に開催する、
いわゆる漁師直売の感謝デーだ。
漁師を中心に13人が出店するのだが、これが南三陸らしい豪気っぷりなのだ。

カキフライは1個100円!
目の前の海で育んだ牡蠣を
3〜4個まとめて揚げる!

見よ! このプクプク感を!

カボチャを生地に練りこんだ饅頭も蒸したて!

しかも、あんこぎっしり!


ワカメならこの漁師さん、牡蠣ならこの漁師さん、ホヤなら、ホタテなら、と
飛び交う地元情報に耳がダンボ。
「浜値だから安いし、出店する漁師さんはみんな腕に覚えありの名人級ぞろいなんです」と、戸倉に根を張る渡辺さんが教えてくれた。
夏はアナゴやアワビですら、浜値という大盤振る舞いだ!
「直接、お客さんの顔が見られるから楽しみなんですよ」
海産物の他にも、カボチャや小豆も地元産。
おやつや漬物だって、地元の味ぞろいなのだ。

小腹が満ちて、漁港をあとにすると、
かつてあった小学校の脇に、地元の鎮守様が、変わりゆく南三陸を見守っている。

 


現在、かさ上げ工事が続行中で、訪れるたびに道が変わっていくが、
海と山の風景は変わらない。

南三陸町の中心部から少し離れた所では、木造の元小学校がゲストハウスとなっていた。
こちらは『校舎の宿 さんさん館
教室を改造した客室や、地元産の食事などが味わい深いが、
実はグリーンツーリズム体験の宿でもあり、田植え、山菜採りなど、季節ごとの山里体験メニューも豊富だ。

 

近くには、こんな水郷の風景も。かつてはここで粉を引いていたのだろう。


ということで、地元の人から教わったそば処へゴー。
こちら、『そば処すがわら』。
民家の玄関をくぐり、居間とおぼしき座敷でいただくのだ。
こけしやたぬきなど、郷愁を覚える置物がずらりと並ぶ空間で待つと・・・。
 

いやはや、これがすごいのだ。
見た目はフツーに見えるかもしれないが、食べても食べても「減らないぞ?」と
目を疑うボリューム感。そして、うまい!
カツ丼も人気だが、そちらのボリュームは大の男が舌をまく量なので、出かけるときは、しっかり腹をすかせて向かうべし!

そして、忘れちゃならないのが、『南三陸さんさん商店街』。
かさ上げ工事のため移転し、3月に再開した!
地元産の木をふんだんに用いた木造り商店街だ。
地元名産の志津川のタコが、案内役を買ってでて、モアイがトイレをご案内。


 


キラキラ丼をはじめ、南三陸名物もあれこれあって迷うばかりだが、
今回は、異彩を放つこちらに注目! その名も「タコぷりん」。
タコとプリンが出合ったその味やいかに!
熱々をその場で食べることもできるが、お持ち帰りだってできるので、ぜひ一度、試してみるのも一興かと。

そしていよいよ、今回のお目当ての「伊里前復興商店街」へ。
ワカメ祭りで、いざ勝負! と勇んで出かけたら、あれあれあれ〜〜〜?
すでに片付けられている・・・?

「ワカメは2トン用意しといたんだけどね〜、11時には売り切れちゃったんですよ。めかぶでさえ、600kg用意したんだけど、40分で完売しちゃった」
と、笑顔で残念なお知らせをする、海産物店『マルアラ』の及川さん。
実はこの日、かさ上げ工事のために移転する、直前最後の祭りだったのだ。

移転先は、道路を挟んだ反対側。
南三陸さんさん商店街と同じ隈研吾氏設計の、地元産の木をふんだんに用いた
木の香かぐわしい商店街だ。名前も新たに『南三陸ハマーレ歌津』。
4月23日にオープンし、料理店や酒店(バーあり)が新たに加わって、
歌津で買い物+食事が楽しめる空間となる。

この旧商店街は、海に面した最高の立地。ここはこのあと、どうなるのだろう。

「あぁ、ここは工事が終わったら、海の駅風にしようかな、と」
と、及川さん。
実現はまだまだ先とのことだが、歌津を拠点に、海を巡る探検ができるようになりそうだ。

「南三陸はね、町の人たちで会社を作って、役場や商工会に働きかけているんですよ。町がやってるんじゃなくって、町の住民が自主的にまちづくりをやっているのは、ここぐらいかもしれないですね」

と、アイデアはまだまだ尽きない様子。

南三陸のワクワクするような変化は今後も続くようだ。

(teamまめ/佐藤さゆり)

2017年4月12日水曜日

人も動物ものんびり❤ 三世代で伊豆大島へ

2月上旬の凍えそうなある日、こんなホットな知らせが届いた。


伊豆大島ご招待!!!

そう、地元の商店街のイベントで行われていた伊豆大島のキャンペーンに応募していたのだ。
「20組40名なんて太っ腹。もしかしたら当たるんじゃない?」
なんて軽い気持ちで応募したら見事当選。

早速、旅行会社に問い合わせ、ばあば(母)と子(女)2人を引き連れて、いざ女子旅に出ることにしたのだ(子の分は自腹)。


さて、出発の日。
伊豆大島までは竹芝ターミナルから東海汽船の高速ジェット船で向かう。




伊豆大島までは約2時間。
船内は新幹線のような座席で、前後の間隔がやや狭いかなといった感じ。
激しく揺れるかなと思ったがそうでもなく、程よい揺れがすぐに眠りへと誘い、ほぼ2時間寝て大島に到着。



大島では岡田港に上陸。
素敵なお姉さまの見送りに、いっきに目も覚める。



早速、路線バスに乗り込み、「大島椿まつり」のメイン会場である大島公園へ。
駐車場では、またしてもお姉さま方の熱い歓迎を受ける。


この方々は「あんこさん」。
大島では女の人のことをそう呼ぶのだとか。
紺絣(がすり)の着物に前掛けをして、頭には手ぬぐいを被った伝統的な衣装を着ている。


会場では、大島観光協会主催であんこさんの衣装着用体験ができたり(女子旅なのでもちろんやってみた)、あんこさんによる手踊りがステージで行われたり、大島名産の椿油が売る店がいくつか出ていて、ゆる~く祭りが開催されていた。

 
 



土曜だからと言ってそんなに人が多いわけでもなく、のんびりな感じ。
バリバリ観光したい!という人には物足りないかもしれないけど、アラウンドセブンティのばあばとちび2人を連れて歩くにはちょうど良かった。

そして、会場のすぐ隣にある椿園。
椿ならうちの近所でも見られるやと思っていたが、大島の椿を侮るなかれ。
種類も豊富だし、何よりも大きさ。
こんなに立派な椿は見たことがないと、老いも若きも感動したのであった。



さらに、この大島公園には無料の動物園まである。
もちろん子2人が行きたいと言い出したので、リクエストにお応えする。

動物園でアイドル並みの人気を誇っていたのが、レッサーパンダ。



・・・はいいのだけど、普通の動物園にいるようなライオンとかゾウとかキリンがこの動物園にはいない。

いるのは、

脱走を試みる巨大なゾウガメだったり、


我々には興味を示さず、ひたすら海の方向をぼんやり眺めるラクダだったり、


不可解な同居生活をするワオキツネザルとバーバリーシープだったり。

そして、動物たちの様子も普通の動物園とちょっと違う。
ここでも、どことなくのんびり。
動物たちの悠々自適な様子を見て、ばあばが一言。
「生まれ変わったら、ここの動物たちになりたい」


帰り際にはラクダが見送ってくれた



次の日も動物園に行きたいと子たちが言うので再訪したわけなのだが、バスで乗り合わせた地元の方がこんなことを言っていた。
「椿まつり行くの?椿まつりといってもそれほどたいしたことないのよ。観光誘致に力を入れていないから、アハハ~」と。

さすが島だ。
マイペースでのんびり。
観光誘致に力を入れていないわけではない。
でも、ガツガツしていない。
あくまでマイペースなのだ。

気が付けばこの2日間、私はそんな島の雰囲気にとても癒された。
島は人も動物ものんびりしている。
東京砂漠に暮らす私にはオアシスのような場所だった(ここも東京だけど)。

三世代の女子旅はゆったりとした時間が流れた、とてもいい旅だった。

みなさんもぜひ伊豆大島へ!



(teamまめ/香取麻衣子)