2017年7月27日木曜日

鎌倉の超穴場的カレー屋へ、海とセットででかけよう。


大好きなカレー店「が、西武池袋線富士見台から、鎌倉へお引っ越し。
引っ越し先は「鎌倉市材木座」という住所で、海が近くすてきな場所に違いない!と
ドキドキしながら目指しました。
たどりついたそこは、いやはや、想像していたよりももっとずっとすてきで、
類い希な、気持ちのいい〜 そして楽しい(おもしろい)場所でした。

店名は、「香菜軒 寓」といいます。

そうです、『散歩の達人』6月号p42にもご登場のあのお店です。

鎌倉から歩くこと、10数分ほど。
踏切を渡って、銭湯の前を通り、左に松の木が見えたら、ここここ〜!

        

「おじゃまします〜」と思わず言ってしまう雰囲気。左方向へずずっと進み店内へ。
お外の席もあるけれど、店内は涼しいよ。扇風機もある!そして見上げれば天窓も。
ぜーんぶ、店主の三浦勉さんの手作りと聞いて、のけぞってしまいます。


つい、きょろきょろしてしまいますが、お腹ペコペコ。オーダーしましょう。
東京からわざわざ、日本各地、いや、世界各地もいらっしゃいますでしょうから、
カレー単品ではなく、「おまかせ」を注文がおすすめ。
いや、もうここでは絶対に「おまかせ」を注文すべきです。

というわけで、ある日の「おまかせ」を紹介。
ビールやキュッと冷えた白ワインなどで乾杯してしばし待つと、
まず運ばれてくるのが、まるで描いたようにきれいな色の冷製スープ。
ピンク色の正体は、なんだ?
ビーツです
ボルシチでおなじみですが、今、「飲む血液」な〜んて呼ばれる話題の野菜。
紫は、ナスの色素を抽出しているという細やかな技。感動のあまり宙を仰いでしまう。

続きまして、旬盛りだくさんの前菜が登場。
(この日はイラストレーターのkiwakoさんと一緒だったので、2人分です)

  ビーツの艶やかさに比べると、地味ですが、からだにしみじみシミるんです。
  献立を、全部書き出しますよ。
   ↓ ↓ ↓
  おからの春巻き、豆乳マヨネーズのポテトサラダ、打ち豆白たまり煮、
  小松菜おひたし、おくら酒粕あえ、くるまふショウガ煮、
  新にんじんレモン塩蒸し、いりこんにゃく、切干し大根ハリハリ漬け、
  ぬか漬けいろいろ。以上11種類。
  これを家ですべてひとりで作るって考えると、気が遠くなります。

           ぜんぶ、どんなお酒でもいける味わい。

店主 三浦勉・みのり夫妻がいかにお酒好きか、よく伝わる前菜。       

         ほろ〜♪といい気分になったころ、いよいよカレーです。
         名物プーリーとごはんの両方をよくばっちゃいましょう。


         「おまかせ」ですが、カレーは選べます。
        悩んで悩んで…… 天使の海老のカレーも食べたいんだけど、
        きょうは……
        お豆のカレーと風干し野菜カレーをください!



見ているだけでは伝わらないけれど、食いしん坊のわたしも、かなり満腹に。
しかし、ここからは別腹。別腹ですから、余裕余裕〜。



        胡麻香る豆乳のブラマンジェ、マンゴーのシャーベット。

       ごちそうさまでした。とお店を出る前にトイレを借りました。
このトイレも、三浦シェフのハンドビルドで、ちょっと住めそうなほど立派。
          トイレへのお立ち寄り、お忘れなく。

腹ごなしに、海へてくてく歩きます。思いのほか近く、数分で材木座海岸。
しかし、途中にあったパン屋さんに寄り道したもんで、15分くらいかかちゃった。
しばしここで波と砂とたわむれて、昼寝して、夕方までのんびりして、
夜ごはんに再び「香菜軒 寓」へ舞い戻り、ビール飲んでカレーを食べるのもいいね。

近くの宿の空室を調べているのは、誰だーーーっ?


「香菜軒 寓」鎌倉市材木座3-1-7 11時〜19時LO 不定休
最新情報は、Twitter・Instagramにて毎日更新。

(teamまめ 松井一恵)

2017年7月11日火曜日

パンチのあるビーガン料理、HIKARI SHOKUDOへ

ここのところ、那須塩原市の黒磯界隈に、気になる店が次々とオープンしています
その日訪れたのは、2017年1月にオープンした、ビーガン料理を出すHIKARI SHOKUDO
まちのSHOZOの斜め向かいにあって、古民家を改装した今どきのカフェといった趣です。

           さてさて、本日のメニューは?
              
スリランカカレーも気になりましたが、ソッカのサラダ仕立てをチョイス。
             
           こちらが前菜。
ビーガン料理なので、牛乳も含めて動物性の食材は使っていません。が、まず一口食べると、美味~! と声を上げたくなります。ビーガン料理というと薄味を思い浮かべる人も少なくないと思いますが、しっかりとした味付け。人参やカリフラワーのクリーム仕立てなど、食材の風味と食感のどちらも楽しめます♪
       ソッカとはニースの郷土料理でひよこ豆のクレープのことだそう。
     うずまきビーツをはじめ、色鮮やかな(紫色のものもジャガイモなんですって)野菜がもりもり乗っていて、ちょちょっと降りかかっているビネガーソースと合わせていただくとなんともさわやかで食欲をそそります。ボリュームがしっかり
あるのもうれしいです^^
  
デザートはイチゴのケーキとバニラアイスなど。ロースイーツのプレート。加熱していないので酵素が生きていてヘルシーなのが特徴です。

コース料理(2000円税別)をいただいて、ブレンドハーブティで寛ぐと、満足感がありました♪

こちらのオーナーシェフが、薄井国能さん。
もともと料理人だった薄井さんが、この店をオープンさせたきっかけは、自身が4年前からビーガンになったことだそうです。
奥様が肉を食べない生活を続けていたのが気になり、自身も肉食に潜むさまざまな問題を知らべていったそうです。そして、倫理的な意味で動物性のものは食べないと決意したといいます。


「マクロビは自分の健康のために始める人が多いけど、ビーガンは倫理的な問題で始める人が多いんです」という言葉が印象的でした。

そして、料理に対して心掛けているのは、
「もどき料理をしないこと。またロースイーツのおいしさに触れてほしいので、あえてコースで提供しています。そして、健康にいい食事=物足りないではなく、ガツンとくる味を心掛けています」とのこと。

確かにボリュームといい、しっかりとした味付けといい、意外なほど食べごたえのあるコースは、そんな理由から生まれたのですね。

ビーガンのウルトラランナー、スコット・ジュレクにも影響を受けているそうで、
ご自身もビーガンにしてランナーなんだそうです。



今後は「ビーガン関係の映画を上映するようなイベントも企画してみたい」とのこと。
この界隈がますます面白くなりそうで、うれしいです^^

(teamまめ・前田真紀)


2017年6月28日水曜日

広島県福山市で見つけた絶滅危惧種のお好み焼き店

山陽新幹線に乗ると、岡山と尾道の間で、ひょっこりお城が顔をのぞかせる駅を覚えているだろうか。
それが、福山駅。岡山にほど近いけど、広島県だ。

もともと、豊臣秀吉子飼いの福島正則所領となり、徳川政権となってからは、譜代大名の水野勝成が築城した、江戸時代最後に建造された城だそうだ。
美しき佇まいながら、園内は自由に出入りでき、福山の人々がのんびりと散歩しているのが印象的だ。


さて、そんな城のすぐそばに、こんな店構えが。



広島といえば、広島焼きだべ? ということで、ふらりふらふらと暖簾をくぐってみたらば、なんということでしょう。
思わず見とれてしまう色香と年季に満ちた店の真ん中には、大きくてピカピカに磨かれた鉄板が鎮座し、女将さんが立つと舞台のよう。
そして客人は、鉄板かぶりつきで、おしゃべりしながら、焼き上がりを待つのだ。


まずはとくと見よ! このラインナップを。


なんて素敵な値段設定でしょうか!
「これでも値上げしたんですよ」と、いうけれど、いやいや嬉しすぎる!

そして、お好み焼きは、広島というより、混ぜて焼く関西風。
そばやうどんを、「入れて」とお願いすれば、+100円で入れてくれる。

焼き上がりを待つ間、何か飲もうかな、と思って見渡すも、メニューが見当たらない。
すると「うちは置いてないんですよ。外に自販機あるから、買っといで」。

聞けば、この「みちぐさ」のような駄菓子屋的なお好み焼き屋が昔は町内に1軒はあったという。けれど、いまや風前の灯火。お好み焼き文化のお膝元でも、小さくて気軽な昔ながらの店は絶滅危惧種だ。
それでも、この店は50年以上も続いていて「古狸ですわ」と、頬をゆるます。

「あとで取りに来るから焼いといて」という、常連のテイクアウトにも応えながら、のんびりじっくりと、焼き上げていく手つきの手際のいいこと。


出来上がりはこちら。そば入りでござい〜。
鰹節の粉もた〜っぷり。

熱々を、小さなコテで切って食べれば、ハフハフのふわふわ。
次回は、缶ビール持参だなと、心に刻むひとときだった。

(teamまめ/佐藤さゆり)

2017年6月7日水曜日

まさに天空のビーチ! 山梨県北杜市・日向山へ

山に登って絶景を拝みたい。

いつもそんなことばかり考えている。

3000m級の山にでも登ればきっとすんごい景色が待っているに違いない。

しかし、ちび連れゆえもう少し楽に登れて、さらに絶景を望む山。。。

そんな山あるかー!と思っていたら、ありました!

それは、山梨県は北杜市にある標高1660mの日向山(ひなたやま)。

なんと「日本百名山」ならぬ、
「山梨百名山」!


インターネットで調べると「ファミリー向け」と紹介されているサイトもあり、我が家も勇んで行ってみたわけでございます。

今回は矢立石登山口と山頂のピストン(往復)。
登山口からの写真をすっかり撮り忘れてしまったのだけど、子どもでも登りやすい程よい傾斜の登山道が続く。
少し単調といえば単調だけど、登りやすさは太鼓判!

途中、出会ったおじさん2人組に「山頂では感動が待ってるぞー」と励まされ、登ること2時間弱。
突然その時はやってくる。





 真正面には八ヶ岳がドーンと構える


樹林帯を抜けて、いきなりパッと視界が開けたかと思うと、真っ白な世界が飛び込む。
まるでビーチに降り立ったかのような感覚。
あまりの絶景にちびちゃん達も大興奮!

この真っ白なものの正体は、花崗岩が風化したことによってできた白い砂だそうで、日向山は“マウンテンビーチ”などとも呼ばれる。

ほかにも絶景をおすそ分け❤

奥に見えるのは南アルプス・甲斐駒ケ岳




行ってみたくなりませんか?

ちょうどこの日はスッキリ晴れていたので、八ヶ岳や南アルプス・甲斐駒ヶ岳を大パノラマで楽しむこともできて、雄大な景色にうっとり。

一度登ったら何度でも登りたくなる、クセになるお山でした!


ただ1点ご注意を!
マイカーで矢立石登山口まで行くのなら、ものすごく早く行くか、逆に第一陣が下山する頃を狙うかがいいかと。
登山口周辺は道幅がかなり狭く、その車道沿いに駐車スペースがあるわけですが、車が置けるのは最大でも20台ほど。
できれば朝イチで向かうのがおすすめです。

あと、お山に登る際はくれぐれも時間に余裕をもってお出掛けくださいね。
(ちなみに、我が家は6歳娘も一緒に歩いて、登り2時間弱、下り1時間30分ぐらいの時間がかかりました~)


(teamまめ/香取 麻衣子)





2017年5月9日火曜日

鳥野目河川公園でBBQ!

新緑のこの時期、外でバーベキューするのが楽しい季節になりました♪

そこでゴールデンウィークに友人家族とやってきたのが、
鳥野目河川公園オートキャンプ場

           那珂川が流れるすぐそばにあるオートキャンプ場で、フリーテントサイトやコテージもあります^^    
今回は、屋根付きのバーベキュー場を1時間1000円、3時間でお願いしました。ちなみに16人まで同じ施設を使えます。
管理室にて大きな鉄板を貸してくれます
これを囲炉裏にセット

              椅子も8人分くらいなら備え付きなのもありがたいです。


          敷地内には小さな小川が流れていて、遊具などないのですが、
子どもがのんびり遊べる感じです。

           道の反対側には那珂川が悠々と流れています
          
バドミントンをしたり、小川で葉っぱ流し競争したり。。。

           さてさて、炭に火がついたようなので、焼くとします^^
今回は手前にあるガスバーナーを使用したので、火付けにもあまり苦労しなくてすみました。着火剤をいつも使っていたのですが、それより早い。
 
          まずは野菜から。炊事場もあるのですが、時間短縮のため
家で切って持参。ご飯もおにぎりにしたものを用意。焼きおにぎりにしてもおいしいしね~                
            
            炊事場はこんな感じで。トイレもすぐ脇に水洗トイレがあります。
            
友人たちとBBQをすると、ふだん我が家が食べているものと
違うものが食べられるという発見があり。
焼き鳥とか、エビとか。
ワイワイやっていたら、予定の3時間もあっという間! 時間が足りず、焼きそばを飛ばして、子どもたちお待ちかねのデザートの
巨大マシュマロ焼きへ。ドン・キホーテで直径5㎝はある巨大なマシュマロを手に入れてきたのです。
しかし、食べるのに夢中で写真を撮るの忘れた><
こんがり焼きあがったマシュマロをクラッカーでサンド。中にチョコを入れたりして、これまたとっても美味でした!! 大きいから食べごたえ抜群ですわ

 
黒磯の街中からほど近くて、いざとなったらドン・キホーテに追加で材料を買いにいくこともできたりするところが気に入っております。那須高原よりも穴場かもしれないですね。楽しかったなぁ~ そうそう、たまにぶよがいるので、虫よけ対策もぬかりないほうがいいですね

                          (teamまめ/前田真紀) 

2017年4月27日木曜日

宮城・南三陸のココロオドル春

今年で5回目を迎えた、春恒例の南三陸詣で。
今年はあちらこちらで楽しい変化が起こっていた!

まず向かったのは、『戸倉漁師の会 感謝祭

こちら、毎月第2日曜の9時〜14時(売り切れ次第終了)に開催する、
いわゆる漁師直売の感謝デーだ。
漁師を中心に13人が出店するのだが、これが南三陸らしい豪気っぷりなのだ。

カキフライは1個100円!
目の前の海で育んだ牡蠣を
3〜4個まとめて揚げる!

見よ! このプクプク感を!

カボチャを生地に練りこんだ饅頭も蒸したて!

しかも、あんこぎっしり!


ワカメならこの漁師さん、牡蠣ならこの漁師さん、ホヤなら、ホタテなら、と
飛び交う地元情報に耳がダンボ。
「浜値だから安いし、出店する漁師さんはみんな腕に覚えありの名人級ぞろいなんです」と、戸倉に根を張る渡辺さんが教えてくれた。
夏はアナゴやアワビですら、浜値という大盤振る舞いだ!
「直接、お客さんの顔が見られるから楽しみなんですよ」
海産物の他にも、カボチャや小豆も地元産。
おやつや漬物だって、地元の味ぞろいなのだ。

小腹が満ちて、漁港をあとにすると、
かつてあった小学校の脇に、地元の鎮守様が、変わりゆく南三陸を見守っている。

 


現在、かさ上げ工事が続行中で、訪れるたびに道が変わっていくが、
海と山の風景は変わらない。

南三陸町の中心部から少し離れた所では、木造の元小学校がゲストハウスとなっていた。
こちらは『校舎の宿 さんさん館
教室を改造した客室や、地元産の食事などが味わい深いが、
実はグリーンツーリズム体験の宿でもあり、田植え、山菜採りなど、季節ごとの山里体験メニューも豊富だ。

 

近くには、こんな水郷の風景も。かつてはここで粉を引いていたのだろう。


ということで、地元の人から教わったそば処へゴー。
こちら、『そば処すがわら』。
民家の玄関をくぐり、居間とおぼしき座敷でいただくのだ。
こけしやたぬきなど、郷愁を覚える置物がずらりと並ぶ空間で待つと・・・。
 

いやはや、これがすごいのだ。
見た目はフツーに見えるかもしれないが、食べても食べても「減らないぞ?」と
目を疑うボリューム感。そして、うまい!
カツ丼も人気だが、そちらのボリュームは大の男が舌をまく量なので、出かけるときは、しっかり腹をすかせて向かうべし!

そして、忘れちゃならないのが、『南三陸さんさん商店街』。
かさ上げ工事のため移転し、3月に再開した!
地元産の木をふんだんに用いた木造り商店街だ。
地元名産の志津川のタコが、案内役を買ってでて、モアイがトイレをご案内。


 


キラキラ丼をはじめ、南三陸名物もあれこれあって迷うばかりだが、
今回は、異彩を放つこちらに注目! その名も「タコぷりん」。
タコとプリンが出合ったその味やいかに!
熱々をその場で食べることもできるが、お持ち帰りだってできるので、ぜひ一度、試してみるのも一興かと。

そしていよいよ、今回のお目当ての「伊里前復興商店街」へ。
ワカメ祭りで、いざ勝負! と勇んで出かけたら、あれあれあれ〜〜〜?
すでに片付けられている・・・?

「ワカメは2トン用意しといたんだけどね〜、11時には売り切れちゃったんですよ。めかぶでさえ、600kg用意したんだけど、40分で完売しちゃった」
と、笑顔で残念なお知らせをする、海産物店『マルアラ』の及川さん。
実はこの日、かさ上げ工事のために移転する、直前最後の祭りだったのだ。

移転先は、道路を挟んだ反対側。
南三陸さんさん商店街と同じ隈研吾氏設計の、地元産の木をふんだんに用いた
木の香かぐわしい商店街だ。名前も新たに『南三陸ハマーレ歌津』。
4月23日にオープンし、料理店や酒店(バーあり)が新たに加わって、
歌津で買い物+食事が楽しめる空間となる。

この旧商店街は、海に面した最高の立地。ここはこのあと、どうなるのだろう。

「あぁ、ここは工事が終わったら、海の駅風にしようかな、と」
と、及川さん。
実現はまだまだ先とのことだが、歌津を拠点に、海を巡る探検ができるようになりそうだ。

「南三陸はね、町の人たちで会社を作って、役場や商工会に働きかけているんですよ。町がやってるんじゃなくって、町の住民が自主的にまちづくりをやっているのは、ここぐらいかもしれないですね」

と、アイデアはまだまだ尽きない様子。

南三陸のワクワクするような変化は今後も続くようだ。

(teamまめ/佐藤さゆり)