2018年4月17日火曜日

宮城県南三陸、おどろきの名物巡り



さんこめし、というめしの名前を聞いたこと、ありますか?
こちら、宮城県南三陸町の新たなご当地料理として名乗りを上げた一品。
あな「ご」、タ「コ」、ハラ「コ」の三つの「コ」がのった丼めし。
三陸沖といえば、世界三大漁場の一つ。マダイだって、アワビだって獲れる獲れる。

南三陸の名物といえば、春夏秋冬のキラキラ丼が定着しているが、
そこに早春限定で殴り込みをかけたのだ。

季節料理 志のや」で、かっこんでみると、「丼の宝石箱や〜」と、口から出てしまうほどの贅沢っぷり。
とろりと濃厚な旨味が口のなかでほどけるアナゴ、身が柔らかい志津川のタコ、そして、キラキラプチプチのイクラちゃん。
しかも、アナゴ、タコ、鮭の出汁で炊き込んだごはんとあいまって、口の中で海の香りが大潮となって押し寄せる。

こちら、4月末までの期間限定めしだ!


*食べられる店
https://www.m-kankou.jp/sankomeshi/

南三陸町には、昨年のGWに新装オープンした「ハマーレ歌津」がある。
ランドマークとなっている「さんさん商店街」と同じく隈研吾氏の設計で、ユルい風情が木造りの商店街を包み、日暮れとともに切り絵の行灯がなかなかにいい風情。

 



 





商店街はたいがい、18時には終わり。でも、でもでも。
酒屋「佐藤酒店」の明かりだけは灯り続けて、バーに変身した!

 
珍しい地酒はもちろん、ビールに酎ハイもあり、ご近所に泊まれば、ほろ酔い決定!
地元の若者たちが集う、楽しい夜の始まりだ。

ほかにも、水産加工の店「マルアラ商店」は、酒の肴とごはんのお供のオンパレードながら、ソフトクリームも販売。そして併設する工房では朝からバームクンーヘンを焼いている!

なぜ? 魚屋さんが???

「だって食のプロだもん。舌には自信あるから、バームクーヘンだって、本気でおいしいもん作ってるんです!」

 

バームクーヘン、気になりすぎて手が伸び、つい、写真を撮り損ねてしまったー!
あぁ・・・。
今では地元の名物おみやげとして、赤丸急上昇だ。

気になる人は、現地でチェキラ!
洋品店も健在!
さらに、「さんさん商店街」も、大変なことに。
たこプリンはタバスコかけて

かまぼこ屋さんのつみれ汁は胃の腑にしみる〜

次回こそ、味わってみたい!

仙台のお国言葉を使いこなしたい人、必携!
ほかにもキラキラ丼、モアイ最中など目白押し!
財布の紐がゆるみまくるので、ご注意あれ。

佐藤さゆり/teamまめ

2018年4月10日火曜日

ああ、物欲が止まらない。桜と一眼とスマホと焼鳥の話。

こんにちは、こんばんは。
まめの高橋と申します。

まずはこの写真をごらんください。



例年より10日早い開花宣言に都内が沸いた3月17日。都内は寒桜が満開で、ソメイヨシノはまだ蕾でした。



そこから1週間経てば枝も折れよと咲き誇り、さらにまた1週間後には新年度のはじまりとともに花びらが散り、今ではすっかり葉桜に。

そんな忙しない桜の時を好き勝手に語り散らかしておりますが、今回の話は完全に自分の趣味・カメラのお話です。少しだけ、お付き合いください。



仕事でweb関連の記事を書くときに必要だったので、高橋はCANONの「EOS kiss 7xi」という入門機を買いました。男のクセに「kiss」とはいかがなものかと思いましたが、それしか買う余裕がなかったというのもありまして「まあ、これでいいか」と手に取ったのを覚えています。とはいえ、そんな「キスセブン君」。ともに色々な現場をめぐってみると、だんだん愛着が沸いてくるもので、今では外出には欠かせぬ相棒に。

そうこうして購入後3年経ったこの春、高橋はとある仕事で桜めぐりの企画を立てました。これは、色々な場所の桜を撮り、twitterにアップしながら東京の桜スポットを巡るというもの。



しかし、すでに3年落ちの高橋のスマホはいかんせんカメラの画質が悪い! こんなショボいもんを人様の目に触れさせるわけにはいかんわけです。



そこで装備をキスセブン君に変更。撮ったらすぐにメモリーカードを抜き取り、PCに写真を落とし、twitterに上げる! 日が暮れる前に終わらせなきゃならないので、すぐさま次の現場へ向かう! この繰り返しです。自分で企画して実行したくせにどんだけ効率悪いんだとやり場のない怒りを抱えながらその日を終えます(準備不足とも言える)。



そこで、少しでも効率化をはかり購入したのがこれ、SDカード自体がWi-Fiを飛ばしてくれるという優れもの。これにより高橋は一眼で撮影したらすぐさまスマホに保存、投稿できるという技を習得したわけです。

しかし、あちらを立てればこちらが立たないのが世の常。常にWi-Fiを飛ばしよるこのSD、フル充電状態でも1時間持たない燃費の悪さだったのです(レビューを見なかった高橋が悪い)。またしてもAmazonに飛び、スペアの電池を探すわけです。
「おお、これいいやんけ」
お目当てのアイテムを見つけ購入!













どうしてこうなった。これはスペア電池ではなくバッテリーグリップ。ガジェット好きの悪癖が顔を出した瞬間でした。



どうです、この姿。スリムでコンパクトがウリのキスセブン君を無駄に肥大化し、重量は2倍に。首から下げたら肩が凝るレベルです。だが、それがいい。ここまでゴツくしたなら、レンズも武骨にしたいと、仕事帰りに某家電量販店へ寄り物色します。

見に行っただけ、見に行っただけなんです。









まあ、そうはいかないですよね。店員のお兄さんと話が弾んで買うてしもうたちょっと高いレンズ。おそらく重量は3倍近くに。フルアーマーキスセブン君の完成です。
「ここまですんならワンランク上のカメラ買った方がいいっすよねー」と、店員さん。お会計後に言い放った彼のちょっと悪意ある爽やかな笑顔を撮っておけばよかったなと、わずかな後悔が残ります。



しかし、高いレンズは伊達じゃない! 帰りに近くの公園に寄り、満開の桜をパシャリ。



こ…これは本当に俺が撮ったものなのか……今回の買い物は大満足や!



ちなみに、この3日後に高橋のスマホが突然沈黙、最新型に買い替えるという憂き目に遭います。なんて退屈しない人生なのでしょう。

最新型のスマホ、どんなもんやとパシャリ。








一眼で撮るのと変わらぬ仕上がりにうれしいやら悲しいやら。
「最初からスマホだけ買い替えていれば良かったんじゃないか」とは、間違ってもいわないでやってください。

人生には寄り道も必要なんです。今日の話はそんな話でした。

ちなみに最後の写真は西新宿の「焼鳥けいじ」さんの炙りレバー。エライうまいんで、もし良かったら行ったってくだせえ。

■焼鳥けいじ
住所:東京都新宿区西新宿7-22-48
電話:03-5338-2207

本当、ガジェット好きは常に物欲との闘いであります。

では、みなさまごきげんよう。

(teamまめ 高橋健太)

2018年4月1日日曜日

全国の三歳児が集まる聖地へ!

私事で大変恐縮ですが、我が家には7歳と3歳の娘がいます。

4年前、長女が3歳のときにもその儀式を行ったのですが、次女も現在3歳ということでこのたび再びその儀式を行うことに決めたのです。

その儀式とは、“三才駅詣で”。

三才駅とは、長野県にあって、新幹線も停まるJR長野駅からしなの鉄道に乗ってわずか2駅だけ離れたところにあるローカル駅。
そこは、全国から三歳児が集まることで有名な駅なのです。


長野駅に向かう北しなの線
 
じゃーん、これが三才駅。

水色の屋根に水色の文字が爽やかな三才駅

三才駅には記念撮影用の駅名標ボードがあって、ここでかわいい三歳のお子ちゃまは記念撮影をすることができます(もちろん、三歳じゃなくてもできます)。

姉妹の不公平をなくすために、4年前の長女と同じように次女もこちらで記念撮影。

午後は正面から日が差すので眩しくて不機嫌な様子。
なので、撮影は午前中がオススメです。


いい思い出になりました。

ちなみに三才駅の窓口では、記念撮影用に駅員さんの帽子を貸してくれます。
男性用と女性用の2種類が用意されていて、駅員の方々の気遣いにキュン。



我が家が撮影したほんのわずかな間にも、次から次へと小さなお友達が親御さんとやってきては記念撮影を楽しんでいました。


記念撮影を終えて、電車が来るまでに時間があったので付近を散策。

駅前にはこんなスポットも。
(我が家は姉妹であまり興味がなさそうだったのでパスしましたが、男の子なら喜びそう???)


ちょっとB級感ただようスポット

さらに、歩いて数分のところには


高台にある神社で娘たちの健やかな成長をお祈りしました。
「見晴らしの丘」とあるように、とても眺めが良くて気持ちのいい場所でした。



 三歳児じゃなくても、長野に来たらぜひぶらりと訪れてみてください!

(teamまめ/香取麻衣子)









2018年3月14日水曜日

焼肉の町・鶴橋の、ディープ酒場「海の家」


やってきました、くいだおれの大阪。しかし、今日はくわずに飲むぞ。
大阪出身のわたしが、帰省して家よりも先に寄る酒場をご紹介。

というわけで、大阪城からマラソンランナーならば走って10分ほどで
東京の中央線のお下がり車両との噂があるオレンジ色の環状線なら
森ノ宮駅、玉造駅、その次の鶴橋駅で下車。

近鉄鶴橋駅東口からすぐ、鶴橋卸売市場の細い筋に、めざす酒場がある。
店名は、「海の家 鶴橋」。
海なんて、言うまでもなくどこにもないのに、なんで海の家なんや!
と、ここは大きくしっかりとつっこんどきましょう。



古い看板が物語るようにこの建物、かつてはちりめん雑魚の卸売店「紀乃國屋」を営み、
ちりめん雑魚やかえり雑魚など海産の乾物の倉庫を兼ねていた。
なので、一歩入りると、ぷ〜んと磯の香りが、今もなおするのだ!
昔の木材などをうまく活かした外観、内観で、ええ味漂ってまっせ。
磯の香りがするから「海の家」なのだろうけれど、
店主もスタッフもサーファーだというのも理由の一端だろう。


ドアは小さく、猫背になってくぐる。店内はカウンターだけで、10人も座れば満杯に。
昭和な感じというか、田舎の小屋の中にいるみたいというか、妙に落ち着く。


 サーフィンをするついでに仕入れるのか、仕入れのついでに波に乗るのか?
奄美大島などに出かけ、蔵元から直接仕入れてくる焼酎がおもしろい。
名付けて「今回の旅の酒達」。それが、ロックでも水割りでもお湯割りでも
はたまたストレートでも、ニンマリするほどなみなみと注がれる。



つまみの定番は、なんと言っても海産乾物だ。



ちりめん雑魚、かえり雑魚、干しエビ、うるめなどがあり、適当に盛り合わせでもOK
カルシウム&タンパク質が豊富ですばらしいアテだが、痛風さんはご用心?

焼酎のほか、泡盛も日本のウイスキーもあるが、最近は日本酒も1銘柄常備する。
この日は奈良・油長酒造「風の森」のシュワシュワうす濁り。



外の席もなかなか気持ちがいい。
外といっても風景のいいオープンエアとは違い、市場の中。
夜の市場の静けさが、渋い。
チャージなし、酒はビール500円、焼酎600円〜と、懐にやさしい。

そして、飲んでいると海の近くにいるような、いい気持ちになる。



「海の家 鶴橋」大阪市生野区鶴橋2-3-13  18時30分〜26時くらいまで 不定休。

                   (2018.3.14記 松井一恵) 




2018年2月20日火曜日

シベリアからようこそ! 華麗な白鳥に癒されに羽田沼へ

2018年2月。
福島などの大きな湖に行かずとも、那須塩原からほど近い大田原の沼に
白鳥から飛来すると知りました! いやぁ全然知らなかった。。。

そんな近場で白鳥が眺められるだなんて。

その場所は、栃木県大田原市の羽田沼。はんだぬまと読むそうです。

シベリアから数千キロ、一週間かけて南下してくる渡り鳥たち。。。。



        そう大きな沼ではありませんが、白鳥だけで約100羽、

愛らしい鴨たちは千数百羽、一冬をここで過ごすために、訪れるそうです。

     ちなみにこの日はカウントしたところ、37羽の白鳥がおりました。白鳥というと真っ白をイメージしますが、けっこうグレーの子が多いのですね。なんとなく「みにくいあひるの子」の話を思い出したりします。
           
          一列になって愛らしい~。この沼に来ているのは、コハクチョウだそうで、日本野鳥の会によると、コハクチョウは「オオハクチョウによく似ているが、やや小型で、首が太め、くちばし基部の黄色が小さい。幼鳥の飛来当初は灰色で、親のような通る声では鳴けないが、春までに次第に白さを増し、親に近い声になっていく」とあります。
      グレーなのは幼鳥なのか! なるほど、まさに「みにくいあひるの子」の世界です^^

        鴨もいろんな種類の子がいて、沼に潜って魚を取ったりしているようです。

ほとりでは羽を乾かしてるのでしょうかね。

ちょっと風が冷たいけど、白鳥さん眺めているとほっこりする~

エサなどは水質を悪化させるためあげないようにと禁止されていますね。
週末は遠方から訪れる人も少なくないようです。
寒い冬でも、冬ならではの楽しみがあると、好きになれます。

                     (teamまめ/前田真紀)